?住宅ローン減税を活用する

住宅ローンで住宅を購入すると、引越し前であっても住所変更を金融機関から求められます。メリットが多々あります。

?住宅ローン減税を活用する

住宅ローンの実行前に住所変更

住宅ローンを組む時に、金融機関から融資が実行されるまでの間に住所変更をするよう求められることが多々あります。まだ住んでもいない住所へ住民票を移すことに抵抗を感じる人も多いと思いますが、特に支障がなければ金融機関の言う通り、融資が実行される前に住所変更をすることをお勧めします。何度も住宅ローンを組む人はそうはいないと思いますので、初めての住宅ローンの契約を結ぶ際にさらりと言われるこの住所変更について、驚かれる人も多いことでしょう。実は私もそうでした。本来住民票は住んでいる場所にあるべきもので、まだ住んでいない場所へ登録してはいけません。現住所とあまり離れていなければ抵抗も少ないかもしれませんが、極端な話、北海道の人が沖縄に家を買って、まだ北海道にいるのに沖縄に住民票を移すことはどうしても抵抗を感じるものでしょう。住所変更は強制されるものではありませんが、先にしておいた方が実は債務者としても楽なのです。
第一に住宅ローンの引き落とし口座を新住所にしておけば引越し後に手続きをする必要がありません。第二に登記費用が安くなります。古い住所で登記すれば、当然引越し後に新住所で登記し直す必要があり、これにも費用がかかります。ですのでほとんどの人は金融機関に言われた通り事前に住所変更をします。住所変更をするのは住宅ローンを受ける物件に間違いなく住むことの証明にもなります。住宅ローンは本人が居住することが条件で、金利も安く設定されていますので、先に住所変更をすることで他人に貸すなどあらぬ疑いをかけられないで済むことにもなります。

Copyright 2021 ?住宅ローン減税を活用する All Rights Reserved.