?住宅ローン減税を活用する

住宅ローン控除をする場合、その居住地に住所変更していないと対象にならないので損をしてしまう可能性があります。

?住宅ローン減税を活用する

住宅ローン控除で住所変更していないと損をする

マイホームを建てて初めて迎える確定申告の時期に、住宅ローン控除をする為に確定申告に行きました。我が家は、義親と私の親子リレーで借り入れをしています。義親には名前を借りているだけで、ローンの支払いは私たち夫婦で返済しています。控除を受けようと、税務署へ向かったのですが、とても損なことを聞きました。それは、ローンの返済を自分がしていても、その名義は共同名義となっている為、控除額も自分の持ち分しか控除されないというものでした。もし、義親が我が家に住民票を移動させておけば義親の分も控除できたんだそうです。よくよく考えてみれば、借り入れする際に、建築業者の担当の方が、義親は住所変更しないのか聞いてきました。
しかし、その時は義親が住所変更をしていないと、義親が住宅ローン控除を受けることができないということしか聞いていませんでした。当時は、義親には名前を借りているだけなので、ローンは自分たちで支払っていくし、義親が控除を受けることができなくても何の問題もないと思っていました。控除は自分の持ち分しか受けることができないとは聞いていなかった為、そのように考えていたのです。持ち分も特に話し合いもないまま、義親が二分の一、私が二分の一の半分になっていたので、簡単に考えても控除額は半額損をしていると思いました。毎年、数万円も損をしていると思うと、これから確定申告の時期になると少し気分が沈んでしまいます。ただ、そういう法律はうまいことできているなあと思いました。これから家を建てる方はそのあたりもちゃんと自分で情報収集しておくことをおすすめします。

Copyright 2021 ?住宅ローン減税を活用する All Rights Reserved.