?住宅ローン減税を活用する

住宅ローン手続に利用するにあたり、住所変更に関わるいろんな問題が出てくる事について検討する。

?住宅ローン減税を活用する

住宅ローンに関する住所変更について

住宅を購入するときに、一番理想的なのは現金で一括支払いができることですよね。現金で一括で払うことほど安く購入できる方法はないのではないでしょうか。現金一括で支払う能力があれば、多少の端数分くらいは値引きしてくれるかもしれませんし、能力があれば現金一括で支払うにこしたことはありません。しかし、そんなことが出来る人はほんの一部の人であり、例え支払い能力があったとしても、住宅ローン減税制度を利用したいという人がいれば、一旦住宅ローンを組む人もいます。一般のサラリーマンの方は住宅を購入するときは、住宅ローンを35年の返済期間で組むということはよく言われますよね。今は住宅ローンにもいろんなところから、いろんな種類のものが出ていますので、選べる時代になりました。
ところで、住宅ローンを組むということは、住宅を購入する資金を援助してもらう人ですから、従前から住んでいた家を壊して新たに住宅を建築する人もいますが、その逆に、賃貸暮らしから念願の家を購入したという人もいます。後者の場合は、住所変更をいつするのかが問題になりますよね。通常住宅ローンを組む際は、従前の住所地にいるときに審査を受けるので、従前の住所で契約することになります。そうなると、ローンの審査後、所有権移転登記の際には甲区欄の住所が従前住所になることがままあります。それを避けるためには、ローン契約前に住所移転しておくといいですが、そうなると、住宅ローン減税を受けるときの年度の兼ね合いや、家がないところに住所移転するのは難しいなど様々な問題があります。ですので、住宅ローンを組む際にはそれらの点をある程度調べたうえで、住所移転の時期をいつにするか検討しておくのがよいと思いますね。

ピックアップ情報

Copyright 2021 ?住宅ローン減税を活用する All Rights Reserved.